印西ふるさと案内人協会

ご挨拶

 

当会は,みなさまを印西市の名所旧跡にご案内する市民ボランティア団体です。印西市は,何といっても新旧ほど良く織り交ざったところが魅力。ニュータウンの街並みを少し抜けると,そこには懐かしい里山の風景が広がっています。実は有形無形の文化財も数多くあるのです。ふるさと印西の魅力をひとりでも多くの方にご紹介したいと思っています。

 

 正月吉例の「いんざい七福神めぐり」にはじまり,「本埜の白鳥に会いに行く寒中ウォーク」や,市内4ヶ所に伝わる獅子舞を見学する歴史散策を4月・5月・8月・9月に行います。これら定番の案内に加え,初夏の散策と秋の「木下街道膝栗毛」は毎年違った企画で参加者を募集します。その他,グループ・団体のみなさまからのご依頼があれば,案内をさせていただきます。

 

歩いて初めて見える景色もたくさんあります。私たちといっしょに,ふるさと印西を歩いてみませんか!

 

                                        会長  西田 裕子

 



印西ふるさと案内人協会

 

〈創立〉 平成114

 

〈目的〉 ふるさと印西が育んだ文化を理解し、自主的な活動によって、市内に存在する各種の文化遺産を学び、多くの人々に伝え広めること(本会規約)

 

〈活動の3つの柱〉

 

   1.主催事業 広報・ポスターなどで参加者を募集し,市内の名所・旧跡を案内します。

 

   2.依頼事業 市内外の団体からの依頼で,要望に応じた案内をします。

 

   3.内部研修 知識を広めかつ深める勉強会などをします。 

 

〈会員数〉    20名(男性 11名・女性 7名)

 

 〈活動日〉定例会・・・毎月第24水曜日(中央公民館)

 

     案内 ・・・適宜


  
※ 本会では一緒に活動する仲間を募っています。 

 

 お問い合わせは,0476460193FAXも)